トップページ >  > オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸のバランスが大事!

オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸のバランスが大事!

DHA&EPAの健康パワーをより実感するために

なかなか毎日魚を食べることができない。そんな人にこそ便利なのがDHA&EPAのサプリですが、青魚の健康パワーをより毎日の健康に生かすために知っておかないといけないことがあります。

それがリノール酸に代表されるオメガ6系脂肪酸との摂取量のバランスです。

リノール酸(オメガ6)はベニバナ油、ひまわり油、コーン油といった植物油に多く含まれるもので、オメガ3脂肪酸であるDHA&EPAと同様に体の中で合成できない必須脂肪酸ですから、食事など外部から補う必要があるものです。

オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸の2つの脂肪酸は毎日の健康維持にはなくてはならない油(脂質)ですが、その働きはまったく正反対という面白い特徴があります。

要チェックオメガ6系脂肪酸(リノール酸)・・・促進する・硬くする・固める。
要チェックオメガ3系脂肪酸(DHA&EPA)・・・抑制する・柔らかくする・サラサラにする。


これらの相反する働きでお互いの働きが行き過ぎないように牽制しつつ、うまくバランスを取りながら状態や状況にあわせて適切な対応してくれているんです。

しかし、今の日本人のほとんどは、このオメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸とのバランスが乱れており、オメガ6系脂肪酸が過剰になっているといいます。そしてこのことが生活習慣に起因するさまざまな健康上のトラブルが引き起こされている原因と考える識者は非常に多いんですね。

一般にオメガ6とオメガ3の理想バランスは「1~4:1」が適切だといわれていますが、日本人のほとんどが「10:1」、場合によっては「50:1」というめちゃくちゃな比率になっているという話です。

参考) オメガ6とオメガ3の理想バランスと実際のバランス

オメガ3(DHA・EPA) オメガ6(リノール酸)
理想バランス 1 1~4
実際のバランス 1 10~50

この20年で日本人は魚の摂取量が3割も減ったといわれていますし、肉を多く食べるようになった以外にも「焼く・炒める・揚げる」という調理法を取り入れた料理の登場やマヨネーズやマーガリン、サラダドレッシングといったリノール酸を多く含むものを口にする機会が飛躍的に増えました。

「動物性の脂肪に比べて植物油は健康的」という間違った常識をいまだに信じている人も多いということもあり、よかれと思って使っている植物油によってリノール酸(オメガ6)過剰に陥っている人が多くいるといいます。

そう考えると、ただ単に日頃の魚不足を補うためにDHA&EPAサプリを飲んでオメガ3を摂取するだけでは不十分で、同時に普段の食生活からオメガ6脂肪酸の摂取量を控えることも意識しないといけません。

重要なのは、オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸のバランス(比率)です。

DHA&EPAサプリを飲んで、不足しているオメガ3脂肪酸を補ったとしてもオメガ6系脂肪酸を摂り過ぎていると、「抑制する・柔らかくする・サラサラにする」というオメガ3脂肪酸の働きが打ち消されてしまうんです。

今の日本人の平均的な食生活では、意識しないとオメガ3の摂取量が不足してしまうし、意識しないとオメガ6の摂取量が過剰になってしまいます。

ただ漠然とDHA&EPAサプリを飲むのと、オメガ6&オメガ3という2つの必須脂肪酸のバランスを考えてDHA&EPAサプリを飲むのでは、全然違ってくるということは覚えておいたほうがいいと思います。

青魚のサラサラ成分を摂取!DHA・EPAサプリメントの選び方

含有量から選ぶ

魚食が少ない人は含有量を要チェック!食事で足りない分を補える含有量のものを選ぶと安心ですよ。

価格から選ぶ

毎月かかる価格をチェック!続けないと青魚の健康パワーを実感できませんから負担にならないものを選びましょう。


売上・人気から選ぶ

口にいれる健康食品だからこそ何より信頼できるブランドのものを選びたいという人は多いです。

5商品を徹底比較

人気DHA・EPAサプリの5商品を徹底比較特徴や成分を比較してピッタリのものを選びましょう。