トップページ > 伝統紅麹+EPA > 伝統紅麹+EPAの特徴を3つにまとめて徹底解説!

伝統紅麹+EPAの特徴を3つにまとめて徹底解説!

生活習慣が乱れがちな現代人に、伝統成分≪紅麹≫
他のサプリに比べて異なる点は、紅麹(ベニコウジ)を配合している点。中国や台湾において、紅酒や豆腐ようなどの発酵食品に利用されてきた菌で、紅麹の成分の有用性(コレステロールを下げる)は、科学的に確かめられているものです。

青魚のサラサラ成分「EPA」をたっぷり242mg配合
食の欧米化によって摂取量が減ったEPA(エイコサペンタエン酸)をたっぷり配合し、乱れた食生活や生活習慣でドロドロになった体内をサラサラにしてくれます。最近、青魚をあまり食べなくなった、そんな方の生活習慣に欠かせない成分です。

安心の植物カプセル(食品成分が原料)
カプセルの皮膜には、豚など動物性のゼラチンがよく使われていますが、伝統紅麹+EPAでは、とうもろこしや海藻を原料とした植物性皮膜を使っているので、1日7粒安心して飲めます。(ちょっと多いので大変ですが。)